*

今すぐに節約出来る「オール電化」のススメ

公開日: : 最終更新日:2018/07/12 最近の投稿

オール電化は電気に依存するため気になるのが電気料ですが、どのように節約していけば良いのでしょうか。今すぐ出来るオール電化の節約術についてご紹介します。

■時間帯で使用する電気を使い分ける

オール電化向けの電気料プランの特徴は、朝晩は通常単価、昼間は割高な単価、夜間は割安な単価であることです。例えば、2014年の単価になりますが、東京電力のプランは下記のようになっています。

・朝晩(7時から10時/17時から23時)
25円92銭

・昼間(10時から17時)
7月から9月の間:38円63銭
夏季以外の期間:31円64銭

・夜間(23時から翌7時)
12円16銭

このように朝晩と夜間は安く、昼間は高くなっています。オール電化で節約するためには、この特徴を活かすことはポイントです。消費電力量は家電によって異なり、最大使用時の消費電力で最も高いのはIHや電子レンジ・オーブン、電気ケルト、炊飯器、ドライヤーなどが当てはまります。特にHIだとビルドインで3口とグリル付きだと5800wにもなることがあるので、割高になりやすい時間は使用を控えたり、調理を短時間で済ませたりするようにしましょう。

■エコキュートの節約ポイント

オール電化では電気給湯機にエコキュートを使用しますが、これも使い方次第で節約につなげることが可能です。

・季節や状況に応じて省エネモードを使い分け

省エネモードにしておくと通常よりも電気料を抑えてお湯が使えますが、日中にお湯が足りなくなることもあり、また寒い時期はお湯を使う量が増えるので省エネモードだと逆に効率が悪くなることがあります。日中に沸き増しをする場合やお湯を多く使う時期は通常モードにし、夏は省エネモードに切り替えるといったように、モードを使い分けましょう。

旅行や出張などで家を長期間空ける場合は、休止モードで沸き増しを止めてください。

・昼間の湧き上げをストップさせる

お湯が少なくなると自動で沸き増しする機能がありますが、昼間はできるだけストップさせましょう。ピークカットの設定が可能だと、一定の時間は自動沸き増しがストップされます。お湯を多く使いそうな日は、ピーク時間を迎える前に必要なら沸き増ししましょう。

・高温足し湯やお湯はりの方がお得

湯船は追い炊きや自動保温でお湯を維持していると思いますが、これはぬるいお湯をタンクに循環させ、そこの熱で温めたお湯を湯船に戻しているので、タンクに温存されていた熱が失われてしまいます。一方、高温足し湯はタンクにある熱いお湯を湯船に足していく機能なので、こちらの方が省エネに適しているのです。

また、翌日のぬるま湯はそのまま沸かさず、新しいお湯を張った方が節約できます。湯船の水は洗濯水など別の用途に活用しましょう。

オール電化は料金プランの特徴に合わせて電力の使い分けやエコキュートの設定を工夫することで、電気料を抑えることが可能です。
また、電気料プランは様々あるので、その家のライフスタイルに適したものを選ぶことも節約には大切なことなので、プランを見直してみるのも良いでしょう。

関連記事

no image

株式会社クリーンエナジーが務めるサービスの最大の魅力とは?メリットはなに?

株式会社クリーンエナジーは太陽光の発電システムを販売している会社です。農地や山林・宅地などが余ってい

記事を読む

no image

大星ビル管理株式会社が務めるサービスの最大の魅力とは?メリットはなに?

大星ビル管理株式会社は、建物管理のスペシャリストとして圧倒的な信頼を集めています。より長い時間にわた

記事を読む

ゼロエネルギータウンについて

ゼロエネルギータウンについて

ゼロエネルギータウンという言葉をご存知でしょうか。ゼロエネルギータウンは、エネルギー消費がゼロにまた

記事を読む

Foto-Rabe / Pixabay

ハタノシステムの環境事業

ハタノシステムでは、常に電力が欠かせないオフィスビルや工場、発電所、病院などの施設に向けて、自家発電

記事を読む

JESHOOTScom / Pixabay

電気代節約のポイント 電気の「時間帯割引」

「夜間電力は安くてお得」という話を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。 電気料金は使

記事を読む

no image

西日本環境エネルギー株式会社が務めるサービスの最大の魅力とは?メリットはなに?

西日本環境エネルギー株式会社は、自然と共生していくより良い環境作りを目指してさまざまなエネルギー事業

記事を読む

Free-Photos / Pixabay

エスコシステムズ本社がある月島情報

エスコシステムズの本社所在地は月島にありますが、そもそも月島についてよく知らない、という方も多いので

記事を読む

中国のESCO事業

中国の ESCO 事業

ESCO事業とは、省エネ診断や省エネ計画立案、初期投資、設備工事、効果検証、保証までのサービスをトー

記事を読む

太陽光発電システム設置助成

太陽光発電システム設置助成事業

普段使っている電気は石油や天然ガスなど輸入で得ている化学燃料により発電していますが、資源の枯渇や環境

記事を読む

省エネ大国

日本は省エネ大国

日本は化石資源に乏しい国であると共に、貴重なエネルギー資源を少しでも大切にしようという試みがあります

記事を読む

再生可能エネルギーとアメリカ
再生可能エネルギーとアメリカ

地球環境に優しいことから再生可能エネルギーの活用が世界的に普及していま

環境ビジネスとは
環境ビジネスとは

地球の環境問題は世界的に深刻な状況になってきており、限りある資源を大切

ゼロエネルギータウンについて
ゼロエネルギータウンについて

ゼロエネルギータウンという言葉をご存知でしょうか。ゼロエネルギータウン

エスコシステムズ 太陽光発電の仕組み
太陽光発電の仕組み

ここ数年、一般家庭でも新築住宅のうち4割は太陽光発電が導入されています

エスコシステムズ オール電化のリフォーム
オール電化のリフォーム

節電やエコ対策という視点で、既存の家をオール電化にリフォームする方が非

→もっと見る

PAGE TOP ↑