*

家庭用蓄電池の働き/評判について

公開日: : 最終更新日:2022/03/14 コラム

充電して電気を蓄え、繰り返し使える電池のことを蓄電池と言います。従来は、自動車や航空機、農業用機械などの車両をはじめ、モバイル端末や小型電子機器、病院や学校などの公共施設の非常用電源として利用されていました。しかし、最近は私たちの私生活の中でも一般的に使われるようになってきています。

そこで今回は、現代の日常生活でなくてはならない蓄電池の働きと仕組みについてご紹介していきましょう。

エスコシステムズなどが扱っている蓄電池の働きについて

家庭用蓄電池は充電式電池とも呼ばれており、蓄電と放電を繰り返し行っている電池のことを言います。蓄電池には様々な種類があり現在普及が進んでいる蓄電池は、鉛蓄電池、ニッケル水素電池、リチウムイオン電池、NAS電池の4種類に焦点をあてることができるでしょう。

日本においては1895年に島津製作所が鉛蓄電池を初めて製造し、そこで成果を上げたことをきっかけに、世界の中で常に蓄電池のトップシェアを維持しています。また、蓄電池の品種改良にも注力し、コンパクトでありながら容量の大きい蓄電池がさらに普及していくと予想されています。

エスコシステムズなど今では多くの業者が蓄電池を扱っているため、自分の電気の利用状況に合わせて使用すると良いでしょう。

蓄電池の仕組みを種類別にチェック

鉛蓄電池

電極に鉛を使用した二次電池の一種で、正極には二酸化鉛、負極には海綿状の鉛、電解液には希硫酸を用いた電池です。1859年にフランス科学者であるガストン・プランテによって開発された歴史があります。主に自動車や非常用電源、電動車主電源などに利用されています。

ニッケル水素電池

ニッケル水素電池も二次電池の一種ですが、用いる化学系成分が異なります。正確にはニッケル参加化合物、負極には水素や水素化化合物、電解液にはアルカリ溶液が用いられています。1990年に実用化されて以来、近年では環境への影響や安全性の高さから乾電池型二次電池(エネループ等)が多く普及されるようになりました。ハイブリットカーの動力源としても利用されています。

リチウムイオン電池

正極と負極の間にリチウムイオンが移動する仕組みで充電や放電を行う二次電池です。使用される材料は、メーカーや用途によって正極・負極・電解質が異なります。大容量で小型軽量な蓄電池として1991年から実用化が開始しました。近年では、身近なものとしてモバイル機器のバッテリーとして利用されています。

NAS電池

正極に硫黄、負極にナトリウム、電解質にβ-アルミナを利用した二次電池です。大規模な電力貯蔵施設あるいは工場施設などに多く用いられています。固体のセラミック内でナトリウムイオンが移動することによって電気を発生させます。今後は再生エネルギーが推進される傾向があるため、NAS電池のような大容量タイプの蓄電池は重要視されることでしょう。

電気を化学エネルギーによって蓄電する装置は、一回限りではなく繰り返し使用することができるメリットがあります。環境問題や省エネ対策によって、さらに効率的な蓄電池の技術開発が積極的に取り組まれることでしょう。

家庭用蓄電池の評判について

人間が快適な暮らしを実現させるためには電気の力が欠かせません。様々な発電方法により安定的な電力の確保が容易になりましたが、実は多くの面に問題点を抱えていました。それらの問題を解決してくれる手段が家庭における発電なのですが、以前は発電した電気をためておくことが非常に難しい状況にありました。

結局のところ一般家庭で発電を行ってもそれを有効活用できなくては全く意味がありませんし、無駄になってしまうでしょう。

その問題を解決してくれたのが家庭用蓄電池になります。

家庭用蓄電池はその名前の通り一般家庭で利用する蓄電池です。大きく分けて決まりきった場所に設置するタイプと容易に移動することができる2種類があり、地震などの災害が発生した時に有効活用しようと導入を決めた人も後を絶ちません。いざという時の使い道ができるという点も家庭用蓄電池の評判を押し上げていて、以前に比べてこの機能性も格段に向上しています。

この家庭用蓄電池は主に太陽光発電システムと連動させているケースが多く、分かりやすく言えば作った電気をこの蓄電池で充電して、使用したい時に充電した電気を有効活用するというものです。一昔前であれば夢のようなシステムなので、今でも口コミにおける評判はかなり高いです。産業用の蓄電池に比べると規模は当然小さいのですが、容量の大きさも様々なので、それぞれの住宅に最も応じたタイプを選ぶことが重要です。

蓄電池の種類には、リチウムイオン蓄電池やニッケルや水素が活用されたもの、さらに鉛蓄電池などがあります。近頃話題になっているスマートハウスを実現させるためには家庭用蓄電池が必要不可欠で、人類に求められている省エネ社会の実現に大きく寄与しています。単純に太陽光発電システムだけを導入するのではなく、蓄電池を有効活用することにより、発電の意義を高められますし、災害時などに大きな活躍をしてくれるでしょう。

中には蓄電池が身近な存在ではないと考える人もいるでしょう。しかし我々が日常的に利用しているスマートフォンや携帯電話用のポータブル充電器は蓄電池ですし、家庭用蓄電池と基本的には同じ種類になります。東日本大震災が発生したこともありそれ以前と比べて防災意識がかなり高まりを見せていますし、その上電力に関する技術力が向上しているので、結果的に家庭用蓄電池の普及に繋がっています。

評判の高さを見ればどれだけ有効性があるのかを確認できますし、念のため導入しておく…という家庭も多くみられます。

エスコシステムズが提供するサービスの魅力とは?メリットや評判もご紹介

関連記事

ゼロエネルギービルについて

ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)について

省エネや再生エネが注目される中、オフィスビルなどの建物のエネルギー消費をなくす「ゼロ・エネルギー・ビ

記事を読む

エスコシステムズ オール電化のリフォーム

オール電化のリフォーム

節電やエコ対策という視点で、既存の家をオール電化にリフォームする方が非常に増えてきています。しかし、

記事を読む

省エネの診断について

省エネの診断について

「省エネ診断」について耳にしたことがある方はどのくらいいらっしゃるでしょうか。電力や燃料などの限りあ

記事を読む

省エネ大国

日本は省エネ大国

日本は化石資源に乏しい国であると共に、貴重なエネルギー資源を少しでも大切にしようという試みがあります

記事を読む

jplenio / Pixabay

蓄電池の働き

充電して電気を蓄え、繰り返し使える電池のことを蓄電池と言います。従来は、自動車や航空機、農業用機械な

記事を読む

coffeehouse-2600877_1920

オール電化のメリット・デメリットや節約術について

オール電化という名前は聞いたことがあるけれど、それはどういったものなのか、また実際どのような工事が必

記事を読む

ESCO事業の進め方

ESCO事業の進め方

省エネルギーにおける包括的なサービスを提供して、顧客の利益と地球環境の保全に貢献していこうとするビジ

記事を読む

エスコシステムズ 太陽光発電の仕組み

太陽光発電の仕組み

ここ数年、一般家庭でも新築住宅のうち4割は太陽光発電が導入されています。経済効果が期待されていること

記事を読む

idea-1876659_1920

「オール電化」のメリットとは?

新築やリフォームを行うタイミングでオール電化を取り入れる家庭が増えてきました。これまで電気とガスを併

記事を読む

中国のESCO事業

中国の ESCO 事業

ESCO事業とは、省エネ診断や省エネ計画立案、初期投資、設備工事、効果検証、保証までのサービスをトー

記事を読む

coffeehouse-2600877_1920
オール電化のメリット・デメリットや節約術について

オール電化という名前は聞いたことがあるけれど、それはどういったものなの

andreas160578 / Pixabay
家庭用蓄電池の働き/評判について

充電して電気を蓄え、繰り返し使える電池のことを蓄電池と言います。従来は

rawpixel / Pixabay
エスコシステムズが扱うエコキュートとは?電気温水器との違い

エコキュートを導入すると、電気代を節約しながらお湯を作ることができると

エスコシステムズ 太陽光発電の仕組み
太陽光発電の仕組み

ここ数年、一般家庭でも新築住宅のうち4割は太陽光発電が導入されています

エスコシステムズ オール電化のリフォーム
オール電化のリフォーム

節電やエコ対策という視点で、既存の家をオール電化にリフォームする方が非

→もっと見る

PAGE TOP ↑